リハビリテーションってどんな種類があるの?



リハビリテーションってどんな種類があるの?



どんな種類があるのか

リハビリテーションには主に3つの種類があります。理学療法と作業療法、言語聴覚療法です。理学療法というのは運動機能の回復に努めることが主な目的となっています。筋肉を中心とした運動機能を回復させることによって、日常生活を送れるようにします。作業療法というのは、ある程度動かせるようになった四肢を用いて日常生活に必要な動作をきちんとできるように訓練をすることです。そのため、理学療法士と作業療法士はお互いに連携しながらリハビリのサポートに取り組むことになります。

一方、言語聴覚療法というのは聴覚や声帯といった言語活動に関する機能を回復させることが主な目的となっています。たとえば声帯の機能を損ねた人に対して障害を軽減させたり機能回復のための訓練をします。聴覚に障害のある人に対しては、その状態でもしっかりとコミュニケーションをするための能力を向上させる訓練を提案します。

以上の3つのリハビリテーションの分野に関して理学療法士と作業療法士、言語聴覚士といった専門家が存在しています。リハビリのプロとして患者のために活躍しているのです。それぞれが失われた機能の回復を実現するためのリハビリを提案します。リハビリのために必要な存在となっています。


 
リハビリテーションどんな種類があるのかどんな仕事があるのか需要の高い仕事リンク集サイトマップ



  Copyrightc2017 リハビリテーションってどんな種類があるの? All Rights Reserved.